FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家出少女あさみの神待ち 昨日…

神様から連絡もらえてww


会おうと思って支度?
してたんだけど…


よかったwww今日は野宿じゃなかったwwwって思いながら
してたんだけど…


待ち合わせの…10分後!!!!!!

↑↑↑

ココ注目!

↑↑↑↑


10分後だよ!


待ち合わせすぎてるんですけどwって
思ったけどそこは我慢w


じゃー

今日やっぱりいけなくなったって言われちゃって…




昨日は…それからだーれも…
神様捕まらなくて…



漫喫行きました…ww


今すっごく背中いたいです↓


今日こそはマジで神様見つかんないとwww


体がどうにかなりそうです↓


神様wお願い助けてください…

あさみの居る所は全部フリーメールOK!無料だから安心デス!!
sexy☆Night 家出少女 家出神待ち 家出掲示板

tag : 家出 家出少女 神待ち 官能小説 援助交際 アダルト 東京 歌舞伎町 ミナミ 梅田

家出少女あさみの神待ち 灼臼可湶 東柴優亜 2

東柴優亜と末杉琢郎が初めて出会った日。色白で中肉中背の冴えない末杉に東柴優亜は直ぐに嫌悪感を露にした。プロダクション社長に抗議をしたが、彼以外にマネージャーを駆って出てくれる人が居ないと告げられ半ば怒りの思いと共に全ては自分の身から出たサビだと諦めることになった。
しかし、この末杉という男は見ているだけで腹が立たってくる。レッスンの時間を一回りも間違えたり、飲み水を要求しても用意するのに手間が掛かったりと、こんな男では取れる仕事も取って来られないのではないかと優亜は思う。
「マネージャーさん、今日の予定は?」
優亜がそう末杉に聞くと末杉は
「あっ…あ~…えっと…」
とノロノロと手帳を確認し出す。その亀みたいに鈍臭い仕草にさえ優亜は鳥肌を立たせるほど嫌悪する。そして、次第にいつもの発作の様なフラストレーションやストレスが溜まっていき、遂には末杉に暴言を吐き始める。
「あーもー、マジ勘弁して。なんでそんなに鈍臭いの?イライラするんだけどアンタみたいの見てると?」
「…ゴメン」
「ゴメンじゃないし。よくそんなんで社会人になれたよね?暗いし、キモいし、仕事出来ないし。なんでリストラされないわけ?あ、もう窓際だっけ?」
ボルテージを上げて優亜は末杉の悪口を次々に言葉にする。
「モテないよねぇー、絶対。アタシだったらアンタみたいな奴、最悪だもん。彼女居たことないでしょ?」
終いには優亜には関係の無いことまで喋り出して
「童貞でしょ?その年齢で?27、8だっけ?はっ、アンタみたいな奴、一生童貞だっつーの、アハハハハ」
まるで親の敵の様に罵倒したのであった。しかし、それを末杉は黙って聞いているだけで一言も優亜に言い返さない。表情も変えずに、ただ黙って優亜の顔を見ているのだ。
「なんか言ったら?悔しくないわけ?あ~、図星だから言い返せないの?」
何も言わない末杉に優亜は更に苛立ちをぶつける。何を澄ました顔をしているのだと言わんばかりに噛み付いていくのだ。
そうしてしばらくして、そんな優亜の悪魔の様な罵倒も一段落する。すると、やっと末杉が口を開き、優亜に今日の予定を言う。優亜はこの末杉のこういった一見クールの様な暗さも嫌いであった。まるで、自分が相手にされていない様で頭にくるのだ。なので、優亜は今日も末杉の反感を買う様な行動に出る。

あさみの居る所は全部フリーメールOK!無料だから安心デス!!
sexy☆Night 家出少女 家出神待ち 家出掲示板

tag : アダルト 東京 歌舞伎町 ミナミ 梅田 押尾学 エッチ セフレ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。