FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ルーシー・ブラックマン失踪事件」

「ルーシー・ブラックマン失踪事件 」

織原城二




ルーシー・ブラックマンさん


〈 事件経緯 〉

● 平成12年5月4日、元英国航空客室乗務員のイギリス人ルーシー・ブラックマンさん(当時21歳)は女性の友人と来日。この時の入国資格は観光目的で90日間の滞在許可を得ていた。

● 2人でアパートを借り、六本木のクラブでホステスのアルバイトを始めた。
美人で人気のあるルーシーさんには食事の誘いが頻繁にあった。

● 7月1日、ルーシーさんが男の電話で呼び出され、その夜に同居している友人に「これから海までドライブに行く。1時間で帰る」と携帯から電話してきたのを最後に行方不明になった。

● 2日後の3日、タカギ・アキラと名乗る男から友人に電話。
「ルーシーと私は一緒に千葉にいる。新興宗教の修行をしている」というものだった。

● 不信を抱いた友人は翌日の4日、麻布警察署にルーシーさんの捜索願を届け出た。

● 警視庁捜査1課は麻布署に捜査本部を設置してルーシーさんの行方を追った。
さらに英国からルーシーさんの父親や妹が来日し、有力情報者には約1600万円の懸賞金を出すと発表してマスコミも大騒ぎとなった。

● 捜査本部の懸命の捜査にも関らず、ルーシーさんの行方は掴めなかった。

● 失踪から3ヵ月後の10月、麻布署長宛に一通の手紙が届いた。
ワープロで作成した英文で、「借金は必ず返します。この手紙が着く頃には日本には居ないでしょう」などと書かれ、約100万円相当の外国紙幣が同封されていた。
捜査本部は、犯人が事件をかく乱する目的と見て更に捜査を強化した。

● 捜査本部は六本木及び周辺のクラブやスナックなど飲食店を徹底的に捜査した。すると、金髪で大柄な白人女性を好んで誘い出しては暴行を繰り返している男の噂が浮上してきた。
この男は名前を「ホンダ」、「イワタ」、「イワサキ」など複数の偽名を使っていたため特定が困難であったが、やがて織原城二(当時48歳)であることが判明した。

● ルーシーさん失踪から3ヵ月後の10月12日、捜査本部はカナダ人女性への準強制ワイセツ容疑で織原を逮捕した。
さらに英国人や日本人のホステスに対して準婦女暴行傷害や致死容疑で逮捕。だが、織原は「同意を得ていた」と犯行を全面否認した。

● 翌年の平成13年2月9日、織原の所有する逗子のリゾートマンションから200メートルほど離れた海岸の洞窟から白骨化した女性の死体が発見された。解剖の結果、ルーシーさんであることが判明した。

● 同年4月6日、捜査本部は織原をルーシーさんに対する準婦女暴行致死、死体遺棄容疑で7度目の逮捕をした。
決め手になったのは、織原がマンションの近所にあるホームセンターでセメントやチェーンソーを購入していた事実が判明したこと。
これに対して織原は、ルーシーさんを逗子にあるリゾートマンションに誘った事は認めたが殺害に関しては一切否認した。
捜査本部は、織原がルーシーさんを暴行目的で逗子のリゾートマンションに誘い出し薬物で意識朦朧(もうろう)にさせたが、薬物中毒かその他の原因で死亡。
そこで、遺体を隠蔽するためバラバラに切断して三崎町の海岸の洞窟に埋めたと見ている。
(「事件史探求」参照)



織原城二被告


英国人女性ら準強姦致死、織原被告の控訴審結審


英国人女性ルーシー・ブラックマンさん(当時21歳)ら女性10人に乱暴して2人を死亡させたとして、準強姦(ごうかん)致死罪などに問われ、1審・東京地裁で無期懲役の判決を受けた会社役員織原城二被告(56)の控訴審公判が2日、東京高裁であり、検察側は、ルーシーさん事件について無罪とした1審判決の破棄を求めた。

これに対し、弁護側は、ルーシーさんら2人については無罪を主張し、ほかの8人については刑が重すぎると訴えた。控訴審は結審し、判決は12月16日に言い渡される。
(2008年10月2日 読売新聞)
あさみの居る所は全部フリーメールOK!無料だから安心デス!!
sexy☆Night 家出少女 家出神待ち 家出掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。