FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家出少女あさみの神待ち 官能小説第三弾!!まだまだ行くよン♪

なにがあったのかと思ってると、さっき入ってきた女子高生が股を開いて自分で指で触ってる。
 これも見せ物のショーらしいと思ってると、どうやら女子高生は備え付けのノートパソコンを使ってビデオチャットしてるらしい。
 お互いにビデオで顔を見ながらボイスチャットしてるがそれだけじゃない。
 ボイスチャットをしながら、テレホンセックスと同じ事をしてるんだ。
 それを店のマジックミラーごしに見られるなんてのは、なるほど旨い商売だ。
 これもやっぱりやらせのサクラだとばかり思ってたが、どうもそうでもないらしい。
 何も知らないで、店に入ってきたシロートの女子高生を店の男が旨く誘ってるみたいだ。
 この女子高生、どっかで相手の男と待ち合わせをしたらしくて身支度を直して出て行く様子。
 俺はちょっど帰るのにちょうどいいと思って、女子高生が店を出た後をこっそりつけてみた。
 すこし先のラブホテルの前で女子高生が待ってたのは、さっきの「出会い系喫茶」の店長だった。
 やっぱりと思ったが、こうやって「シロート」の女子高生を旨く商売に引きずり込んでるらしい。
 旨く商売してるつもりらしいが、店の維持費とやらせのサクラに払う人件費を考えるととても儲かるとは思えない。
 だが店が潰れようがどうなろうと俺には関係の無いことだ。
 こんな所に長居は無用と、俺はそのままの足でアパートに帰った。
 どうにかクレジットのキャッシングの返済もできて、俺は一安心して楽衆件に電話して出前のレバニラ炒め定食を頼んだ。
 しばらくしてドアをノックする音がするので、てっきり出前が来たのだと思ったがなんと有紀のやつが帰って来たんだ。
 あの出会い系喫茶の店は、出入り自由だから有紀が店から出ても何も言われなかったらしい。
 普通だったらシロートの女を商売に使うときはしばらく監禁して常連の客に遊ばせて、商売が止められないようなドヘンタイ女に仕込むもんだ。
 あの店はなかなか商売が旨いと思ったが、実際に経営してるのはドシロートらしい。
 何で逃げ出してきたのか有紀を問いつめると「座ってるがやだ」といいやがる。
 座って漫画を読んでれば良いだけの楽な仕事なのに「じっと座ってるのが退屈でや」というのはなんて言い草だ。
 デリヘル女だって、客がいないときはずっと待ってるだけの仕事。
 待ってるのがいやなんて言いだしたら、どんな商売だって勤まるわけはない。
 俺は腹が立って、有紀の横っ面をはり倒したくなった。
 だが商売物に傷をつける訳にはいかない。

あさみの居る所は全部フリーメールOK!無料だから安心デス!!
sexy☆Night 家出少女 家出神待ち 家出掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。